アマチュア無線の概要

アマチュア無線と聞いてもあまりピンとくる人は少ないのではないでしょうか?アマチュア無線とは電波を使用したコミュニケーションツールの1つで、一部の人の間で使用されています。 本記事では、そんなあまり一般的ではないアマチュア無線の知識を深めるために、基本的な情報を紹介していきます。 アマチュア無線とは? アマチュア無線とは、業務や金銭の獲得を目的とせずに使用する個人専用の無線のことを指します。自宅以外でも好きな場所から更新することができ、知らない相手と会話をすることも可能です。そのため、趣味として用いているマニアックな人が多くいます。 アマチュア無線は電話回線が現在ほど普及する前から使用されており、国を超えてコミュニケーションをとることを可能にしてきました。 また、日本国内はもちろんのこと、海外との通信もすべて無料な点がアマチュア無線の大きな魅力の1つです。 そんなアマチュア無線は1970年代に大ブームを巻き起こし、1980年代には日本は世界最大のアマチュア無線人口を有するまでに需要が伸びました。 アマチュア無線には国家資格が必要 アマチュア無線を使用するには国家資格を取得する必要があります。これは電波という貴重な資源を使用するには、法律で細かなルールが定められているためです。この資格を得るには、「国家試験を受験する方法」と「養成課程講習会を受講する方法」の2つがあります。国家試験は公益財団法人日本無線協会によって実施されています。 電波法には、「アマチュア、すなわち金銭上の利益のためでなく、もっぱら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と定められています。 アマチュア無線の国家資格は一度取得をすると、永久的に有効となります。 日本アマチュア無線連盟 日本にはアマチュア無線の愛好家を集めた非営利団体、日本アマチュア無線連盟が存在します。日本アマチュア無線連盟は内外の無線科学、文化の向上と発展に寄与することを目的としており、1926年から活動しています。 活動内容には、各種講習の実施、コンテスト、アマチュア無線フェスティバルの開催、世界のアマチュア無線団体との連携などが含まれています。 また、アマチュア無線の技術に関する研究もおこなわれており、今後のアマチュア無線の発展にも尽力しています。 災害時におけるアマチュア無線 アマチュア無線は日常生活の中での趣味としてだけではなく、災害時に大変役に立ちます。1995年に阪神淡路大震災が発生した際には、ほとんどのライフラインが遮断された中、アマチュア無線のみが使用できる状況でした。そのため、アマチュア無線は情報伝達や人命救助に大きく貢献したのです。 これにより被災の際のアマチュア無線の重要性が見直されており、現在ではボランティア活動などにもアマチュア無線が用いられています。

Read More →